大型軽量フード付き風量計 testo 420

軽量のフード付き風量計 testo 420 は、回転式排気口などの大型の吸排気口での風量調整に適しています。業界最軽量*でわずか 2.9 kg です。大型フード内部には、フローストレーナーがついており、排気口での渦流(スワール流)でも風の流れを一定方向にすることで正確に風量を測定できます。

ユーザーは、工業、オフィス、クリーンルームなどでの、換気風量や空調システムによる室内空気品質の評価など、衛生管理ガイドラインと要件を迅速かつ正確に満たすことができます。

testo 420の流量測定用フードの特長

  • 人間工学に基づいた設計: 2.9kgで、長時間使用でも疲れにくい重さ(標準フード610×610mm)
  • 高精度: フローストレートナーは、渦流になった排気口でも測定誤差を大幅に低減します
  • 効率的: testo 420 用のスマートフォンアプリを使用すると、セットアップや、リモート操作がより便利に
     

 

Measure volume flow using the testo 420

フード付き風量計 testo 420 の特長

  • 超軽量: わずか2.9kgの軽量設計
  • 高精度: 内部のフローストレーナーにより、渦流などでも正確に風量測定
  • 拡張性: 専用アプリにより、スマートフォンやタブレットとの通信が可能
  • 効率性: フードを給排気口に当てるだけの簡単操
  • 利便性: 読み取りに便利な大型ディスプレイ。角度調整や着脱が可能

スマートフォンアプリによる風量測定

スマートフォンまたはタブレット上で testo 420 アプリを使用すれば、フード付風量計の可能性をさらに引き出すことができます。

測定器を遠隔操作したり、現場から直接メールでレポートを送信することができます。

testo 420 アプリの機能

  • testo 420 本体をリモート操作、スマートフォンの画面で測定値モニタリング
  • 写真やコメントを添付したレポートや文書の作成、メールによる送信
  • 総体積流量(風量)と換気率の演算
  • 約20mの範囲内なら、Bluetooth 通信でかかる電力を低減
Mobile volume flow measurement

株式会社テストー

お問い合わせ先

大型フード付風量計 testo 420 による風量測定のメリット

軽量、フローストレーナー内蔵以外にも、日常業務を効率的に行える以下の機能があります。

  • 人間工学に基づいたグリップ
  • 角度調整可能で、取り外しもできるディスプレイ(微差圧計 testo 420dPとして使用可能)
  • テンションロッドソケットにより、大型フードのセットアップが簡単
  • 安全な輸送のためのキャスター付き専用ケース
  • スマートフォンやタブレット用のアプリと連動。これらをBluetooth経由で2番目のディスプレイとしてリモート操作が可能。高い天井用に三脚の使用も便利。
     

過流式排気口での風量測定

渦流式排気口におけるフードの風量測定の問題: 乱流

Volume flow measurement flow hood

大型の渦流式(回転式)の排気口付近での風量の測定は、乱流が起きやく誤差が生じるおそれがあります。風速計によるポイント測定では正確な測定ができません。ストレーナーのないフードでも、渦流や乱流がフードの内壁でどのように当たるかで測定された風速値は高過ぎたり低過ぎたりします。
 

解決策: testo 420 フード内部のフローストレーナーで一定方向に整流

Volume flow measurement from Testo

testo 420 には、フード内部にフローストレーナーがあり、回転式の風の流れを直線の流れに整えます。このことで排気口の風量を正確に実測することが可能です。

その他、空調エンジニア向け測定器

Volumetric flow measuring instruments

騒音計

騒音計は、換気空調システムの騒音レベルを測定します。換気や空調システムでは、適切な新鮮な空気供給と使用された空気排出をする部屋およびその換気風量が正確に設定されている、というだけではありません。望ましいのは、換気空調システムをできるだけ静かに、稼働させる必要があります。騒音計により、システムからの騒レベルを迅速に測定することができます。

風速計による風量測定

ベーン式風速計は、とりわけ、排気口またはダクト内の気体の流速(風速)、温度を測定します。熱線式風速計は、羽根なしで動作し、直接ダクト又は出口における風速、温度を測定します。※いずれも接続センサにより測定項目が異なります。

風量計

フード付風量計とは異なり、マルチ環境計測器を風量計として使用することができます。多機能環境計測器は、ダクトや排気口における風量測定だけでなく、快適度の評価や照度の測定も含まれます。