温湿度変換器 – さまざまな湿度パラメータに対応

一般的に温湿度変換器は、温湿度センサにより温度と湿度の雰囲気を測定し、相対湿度を演算します。その演算値をもとに、0~10V または 4~20mA の電気出力信号に変換します。瞬時にデータ処理することができるので、湿度が多大な影響を与えるプロジェクトや作業領域で、温湿度変換器は雰囲気の制御に役立ちます。

温湿度変換器購入時のポイントを以下に挙げます。

  • センサの長期安定性
  • データ処理量
  • 0~10Vまたは4~20mAへの変換
  • 湿度からのセンサ保護
application humidity transmitter

温湿度変換器ラインナップ

testo 6621

testo 6651

testo 6681

圧力露点変換器

温湿度変換器の 応用分野

温湿度変換器は主に工業分野で使用されています。製造や研究部門では、温度や湿度の雰囲気条件が重要な役割を果たす場合があり、わずかな湿度差であっても、結果がマイナス方向に働くこともあります。

温湿度の測定・制御には、さまざまな選択肢があります。温湿度変換器は、計測データを設定パラメータに変換し、瞬時に電気などの信号に出力します。結果に影響を与える可能性の高い温度や湿度になった場合でも、迅速な対応をとることができます。

環境管理は、温湿度変換器だけではなく、特にクリーンルームなどへは差圧変換器も使用される場合があります。

温湿度変換器の特長

  • 湿度値の迅速かつ効果的な測定
  • 湿度値の変換と転送
  • 温度との組み合わせが可能
  • 扱いやすさ
  • 高精度の測定
     

株式会社テストー

お問い合わせ先

温湿度変換器の便利な機能

テストーの温湿度変換器の主な出力機能は3種類あり、出力機器と統合できることが最大の利点です。

  • アナログ出力: 0-20mA, 4-20mA, 0-1V,  0-5V,  0-10Vから選択 
  • リレー出力: 最大4リレー出力が可能なので、しきい値の超過時だけでなく、変換器の自己診断機能と組み合わせて警告アラームとしても出力が可能
  • イーサネット出力: イーサネットモジュールオプションにより、PC上でのモニタリングが可能。(XMLコードは弊社ウェブサイトよりダウンロードいただき、プログラムを作成してください。)
Humidity transmitter

そのほかの変換器

変換器には、温度・湿度・差圧の3チャネルを測定できるものもあります。詳しくは差圧変換器をご参照ください。

testo humidity transmitter

温度と湿度を組み合わせた変換器

厳しい環境条件で使用する温湿度変換器をお探しの場合は、工業用の高精度温湿度変換器 testo 6681 と専用温湿度プローブお勧めします。たとえば、高湿度領域では、応答性を早め、センサダメージを軽減した加熱式プローブや、低湿度領域では、残存湿度測定用として耐圧性を備えた圧力露点プローブがあります。また、また、腐食性ガスには自己診断機能付プローブがあります。プローブは全て校正データを内蔵したインテリジェントプローブです。

温度と湿度センサを備えている変換器の利点  

  • 相対湿度、残存湿度、露点温度などの演算が可能
  • 演算値をもとに信号出力が可能
  • 湿度や温度が変化したときに迅速な対応が可能

安心してご利用いただける温湿度変換器

テストーでは高湿度の環境でも温湿度データの変換技術を高品質で維持できるよう、特別に対策を施しています。

  • ハウジングは湿度が変換器の内部に浸透しないような構造になっており、内部が湿度による損傷を与えることはありません。
  • testo 6651, 6681, 6351,6381は、操作ボタンがディスプレイカバーに覆われており、誤操作を防止します。またディスプレイ脇にアナログ出力のチェック用端子がついており、アナログ信号の出力チェックが行えます。
  • 配線作業用に結線スペースが十分にとられています。