Testo真空計 -確実な真空引きを実現

ヒートポンプ、空調システム、冷凍空調システムの真空引きにおいて、正確な真空測定は作業の肝となります。そして真空計は今、スマートフォンやタブレットで測定値を遠隔モニタリングが可能な機器へと進化を遂げています。

冷凍空調システムの真空引き

Testoの真空計は万能さが持ち味です

Testo製真空計は技術面だけではなく、実用面でもトップクラスの内容を誇ります。精度の高い測定値を得られ、そのうえ作業も流れるように進められる、Testo真空計をぜひご活用ください。

  • ヒートポンプ、冷凍空調システムの安全な真空引きに必要な高精度のデータが、すべて揃います。
  • 堅牢かつ水にも汚れにも強いボディ。あらゆる場所で使用できます。
  • アラーム表示とランプ表示で状況をお知らせします。
  • Bluetooth 対応の testo Smart Probes App を搭載したデジタル真空計なら、スマートフォン / タブレットから簡単に真空測定を実行。

クラシックタイプ / マニホールド - ご使用環境に合った真空計をお選びください

真空計

真空計
真空圧力範囲における最小圧力を、高精度で測定します。

真空測定機能搭載マニホールド

真空計
真空ポンプと冷媒ホースを並列接続できます。
 

真空計の使用場所

真空測定の手順

真空計から正確なデータが送られること。これは、(少なくともTestoにおいては) 当然のことです。しかし、これで十分なわけではありません。微小圧力に限らず、細かい条件こそが、冷凍空調システムやヒートポンプの真空引きをスムーズに行う鍵となります。真空測定を開始するにあたって、以下のような点にご注意ください。

  • フック:真空計の懸架装置は、測定中の装置の安定や可動性を保つものです。特に慣れない貯蔵庫で真空引きを行う場合などに、真空計の置き場所に気を取られることなく作業に集中できるようにしています。
  • 安定性:堅牢なボディと金属製バルブブロックを備えた当社の真空計は、過酷な環境でも使用に耐えられるように作られています。空調システムを柔らかな絨毯の上で真空引きすることは滅多にありませんが、そのようなケースでもご安心ください。Testoでは、使用環境にぴったりの真空計をご用意いたします。 
  • ディスプレイ照明:大きく明るいディスプレイは、必須条件と言えます。真空測定の最中に眼鏡や卓上照明の扱いに気を取られずに済むよう、スピーディで高性能な真空計で、スマートに真空引きの作業を行えるようにいたします。

株式会社テストー

お問い合わせ先

安心して測定を行うためのヒントと、真空計の選び方

真空測定では微小な圧力と、ごくわずかな力を扱います。そもそも圧力とは、容器壁のガス分子によって押し出された力、厳密にはその衝撃です。圧力が下がるほど機械構造は精密さが求められ、微細な影響を測るための洗練されたデバイス技術が必要になります。業界をリードするTesto高精度真空計の性能を最大限に発揮できるよう、真空測定時のヒントをまとめてみました。

  1. 圧力センサのリセット装置の真空引きを行う前に、必ず測定器と環境圧力を合わせて (ゼロセットをかけて) ください。正確な真空引きを一回で済ませられれば、時間の節約になります。
  2. センサを汚さないピラニ真空プローブを付けた真空計を使用する場合は、精密なハイテク部品にオイルなどの汚れが付かないようにしてください。微妙な測定範囲での作業は、わずかな刺激が測定結果の精度に影響を与えることがあります。汚れが付いた場合は、清掃用アルコールをセンサ開口部に数滴たらして綺麗にしてください。
  3. デジタル真空計について:本来バーチャル空間を超えたデジタルな真空は存在せず、Testo真空計自体がデジタル真空をの場所を特定すること、発生させることはできません。真空とは何もない状態であり、少なくとも技術上は、PCやモバイル端末で絶対真空を達成することはできません。物理的に言うと、例えば 300 mbar 以下の真空度で冷凍空調システムの真空引きを行って気圧が低下した場合、高性能な真空ポンプを使って装置から分子を除去した時に、低真空に達するとします。そして超高性能なポンプでは中真空も、そして理論的には高真空、最終的には超高真空に達することになりますが、これは量子物理学を無視した論理になります。すなわち、「デジタルな真空」は達成不可能と言えますが、Testoのデジタル真空計はスムーズな真空引き作業をサポートします。
真空測定
真空計購入時の注意点

真空測定のポイント

ヒートポンプ、空調システム、冷凍空調システムの始動時には、装置に真空を発生させる真空ポンプと真空計が必携ですが、この時、真空計には以下の項目が最低条件として求められます。 • 低い測定範囲でも高精度を発揮する圧力センサであること (ピラニ真空プローブなど)。

  • 絶対圧をシームレスに監視すること。
  • 水 (H₂O) の蒸発温度測定。
  • しきい値を超えた場合のアラーム表示。
     

真空計購入時の注意点:ベンチマーキング

特定の精度について複数の測定器を比較する際には、その値が「試験条件においてのみ有効」なのかどうかに注意が必要です。お客様が実際に使用する環境で同じ性能を発揮する真空計であることをご確認ください。Testoでは、常にお客様に対して信頼のおける精度データをご提示しています。

現在ご使用の真空計にマニホールドを加えることで、より作業がしやすくなります。

Testoでは最高の測定器の開発を含む、測定に関するすべてに熱心に取り組んでいます。"Be sure" (確実であること) - この当社のスローガンはお客様へのお約束でもあります。だからこそ、真空計の精度だけにとどまらず、産業、研究、テクノロジー、手工業などあらゆる測定要件にぴったりの測定器を取り揃えています。

真空測定

真空測定に限定されないプロのためのマニホールド

Testoマニホールドは、ヒートポンプ、空調システム、冷凍空調システムの起動、サービス、メンテナンスに関する作業のほぼすべてに活用できます。コンパクトで丈夫なボディに豊富な機能が詰まっており、温度測定、加熱度/過冷却度の演算、温度補正による気密試験、真空測定が可能です。さらに便利な機能として、マニホールドからすべてのデータを Bluetooth でスマートフォンやタブレットにインストールした testo 冷媒App に送信できます。これが測定器の最新形、Testoの自信作です。

気密性が気になる場所には、Testoリーク検知器を

漏れ出た刺激物質や有害物質をただちに止めるためにも、リークには迅速な対応が求められます。リークの可能性がある場所には、反応が早く賢い装置が必要です。Testoのリーク検知器は、この両方の特長を一つにまとめました。しかも精度が高く、一般的に使用されているほとんどの冷媒を検出可能、手の届きづらい場所でも簡単に測定ができます。ただし、真空では真空計を使用してください。


絶対圧と差圧も表示する、Testoの圧力測定器

圧力センサによって差が出るため、正確な測定値を得るには精度だけではなく、使用環境にも合わせる必要があります。マーケットリーダーであるテストーの絶対圧計は、高い評価をいただいています。テストー製品は絶対的な品質だけではなく、絶対的なコストパフォーマンスもご提供します。他には真似のできない一台を、ぜひご愛用ください。テストーは差圧測定器においてもトップクラスの製品をお届けしています。お客様の圧力測定環境に即した高品質な機器とアクセサリーを、豊富に取り揃えています。